腐印 -fujirushi- 

今日もBL読んでます

上中下にして欲しかった!<被写界深度;苑生>

 

 

 

 上下巻、同時発売。

なんてステキな響きでしょうか……

 

今日上巻発売、下巻は3年後! お楽しみに!

 

みたいなBLがたくさんありますからね。

そんな時は、

うっかり腐女子卒業してたらどうすんだよっ!!

と、全く心配する必要のない心配をしてしまうほどに取り乱しますから。

とってもありがたいです。

 

 

上下巻、同時発売。←このセリフが気に入った

しかもボリューム大。

分厚いよっ!!

本屋で手に取った瞬間からニヤついちゃったよっ!!

 

表紙がもうステキですね。

1人ずつのアップ。

そして、なんか泡出てる。←もっと言い方あるだろ

 

この2人が高校で出会うところから、じっくりと一緒に過ごす時間を重ねていって、ジリジリと思いが積もっていく姿が丁寧に描かれています。

 

表紙からして、シリアスというか、重めな話を予想してたんですけれど、意外にそうでもなく。

黒髪くんが抱えているものが結構根深いので、重いといえば重いんだけれど、高校生らしいアホなやりとりも多いのでそこまでしんみりしませんでした。

 

このですね、深いテーマの話なのにアホな感じをブッこんでくる、というのがめちゃめちゃ好きっ!!

 

そうだよね、悩みを抱えてても、常にどっぷり浸かってるわけじゃないもんね!

そりゃ、保健室で先生とエロいことしたりするよねっ! ←しません

 

黒髪くんはいろいろとこじらせちゃった子なんですけれど、その真逆なのが茶髪くん。

この子はもう、裏表がない分ぶっきらぼうで取っ付きにくいけれど、まっすぐで、自分の好きなものに嘘をつかない子です。

 

黒髪くんが、憧れちゃうのもわかる。

嫉妬してしまうのもわかる。

コンニャロって思うのもわかる。

またここでもこじらせてますね。

なかなかめんどくさい子ですけれど、それだけ繊細なんですねぇ。

 

黒髪くんのいろんな思いがコネコネされた結果、『好き』になるわけですけれど、やっぱり言えないよなぁ。

でも、どんどん膨らんじゃって、爆発しちゃった。

というところで上巻が終わってます。

 

そして、下巻は上巻の3年後のお話になってます……

 

そういうの好きっ!!!!!

 

一度離れた2人が、また交わる時がくるんですねぇ運命ですねぇエロいですねぇもう大好きっ!!! ←落ち着け

 

3年経ってますから、2人とも大人になってます。

ぶっきらぼうな茶髪くんが、お酒飲んだらオモシロ人間に変身したり、黒髪くんのキノコ度が上がってたりと、いろいろと変化があります。

 

3年空いた分、言えなかったことも言えるようになったり、逃げていた自分の気持ちとも向き合えるようになったり。

きっと、この2人には必要な時間だったんでしょうねぇ。

 

自分の気持ちをちゃんとぶつけられるようになった黒髪くんは、かなり可愛い奴なんじゃないかと思います。

それを、うまいことかわしながら手のひらで転がしてる、茶髪くん。

この2人、いいカップルだなぁ。

 

きっと、このあとめちゃくちゃエロい2人になる!!

 

カッと目を見開いたところで終わってしまいました……

 

もう1冊欲しい!! 

イチャコラした1冊が欲しい!!

と、最近一番のブサイク顔で思いました。

 

絵もストーリーもめちゃくちゃ好きなので、追っかけねばならん作家さんリスト入りです。

 

 

キュンキュンしたいけど、なんか深いものもあって、しかもアホな部分も入ってて、おまけに再会モノだったら最高なんだけど、そんなのないかな?

っていうのを探している方。つまり欲張りな方。

ピッタリですから!!