腐印 -fujirushi- 

今日もBL読んでます

そっちでいいのね <春風のエトランゼ;紀伊カンナ>

 

春風のエトランゼ 3 (Feelコミックス オンブルー)

春風のエトランゼ 3 (Feelコミックス オンブルー)

 

 ついに3巻まできました。

帯に書いてましたけれど、これで第1部完結なんだとか。

思いっきり続きがある感じで終わってますので、間違いなく第2部があるでしょう。

良かった! 

もう、この人たちずっと見ていたいんだもの!!

特に、受け!

君、ちょっと心配なんだよね! ←おせっかいババア登場

 

 

いつものことですけれども、この3巻を読むための準備として、1巻から読み返さないと。

あ、『いつも』と言いましたけれども、もっと巻数の多いものはさすがに読み返さないです。純情ロマンチカとか、どんだけ遡るんだって感じになりますからね。最新刊読む前に力尽きちゃうよ。

 

エトランゼは、『春のエトランゼ』になる前に、『海辺のエトランゼ』が出てるんですねぇ。もちろん、ここから読み返しました。

 

海辺のエトランゼ (Feelコミックス オンブルー)

海辺のエトランゼ (Feelコミックス オンブルー)

 

 この2人の始まりですね。

受けと攻め、どちらにも抱えているものがあるので、割としっとりとした印象です。

 

でも、一旦離れて再会した後の攻めは、抱えていた問題から少し解放されたこともあって、とても活発です。

やっぱり、『自分で自分の人生を作っていける』というのは『未来を作っていける』ということでもあるんでしょう。

あれだけ鬱々としていた攻めくんが、ビックリするほど成長しました。

 

それなのに、受けくんはまだジメッとしたままです。

そんな受けくんに、ちゃんと自分と向き合って、今まで逃げてきたものと対面して欲しいと攻めくんは思っています。

ジメッとしている受けくんですからね、なかなか決意は固まりません。

 

でも、周りの人や、攻めくんの影響を受けて、いよいよ向き合おうと決心します。

というところまでが、この『海辺のエトランゼ』でした。

 

まずですね、ビックリしたんですけれど……

 

私の予想していた受けと攻めが逆だった!!

 

わかりますか、この時の衝撃が。

きっと、BL読みの人なら一度は体験したことあると思うんですけれど、ホントもうね、

えええぇっ⁉︎ てマジで目を見開きますよね。

君は、そっちじゃないだろう? って説得したくなりますが、それはもうしょうがないことだとは思います。いやでも、『1回でいいから、こっち試してくんないかな?』ってガッチリ肩を掴んでしつこく説得するかも。

 

衝撃を受けたまま、『春風のエトランゼ』へと進みます。

ここからは、受けくんの実家である北海道編ですね。

 

春風のエトランゼ 1 (onBLUEコミックス)

春風のエトランゼ 1 (onBLUEコミックス)

 

 

 

春風のエトランゼ 2 (onBLUEコミックス)

春風のエトランゼ 2 (onBLUEコミックス)

 

 

このですね、受けくんの家族がもうステキ過ぎなんですよ!!

強面だけどなぜか笑いを誘うお父さん、ふわふわしていて優しくて包容力あり過ぎだけど怒ると怖いお母さん、突然出てきた元気でケタタマシイ弟。

そして、ワンコやニャンコなどの動物。

この家、めっちゃ好き!! 

 

だけど、受けくんは全然帰ってきていませんでした。

まぁ、そりゃ帰れんだろ……とは思います。

もう、帰るタイミングも逃しまくりで、縁も切ったと思っていたけれど、実際帰ってみれば全然そんなことはなく。

そういうのありますよね。

自分では、もう終わったとか、もう無理だ、と思っていたことだけど、蓋を開けてみれば、『勝手に自分でそう思い込んでいただけだった』みたいなね。

 

1巻から3巻まで、ずっと実家編なんですけれど、環境はじわじわと変わっていきます。

仕事だったり、人との出会いだったり、考え方の変化だったり。

攻めくんは、どんどん立派というか、頼もしくなっていきます。

それに比べてですよ。

受けくんは、だいたいジメジメしている……

いい加減にしなさいよと思いますけど、もともとの性格がありますからね。

それにメキメキと人間力を上げていく攻めに対して自分のダメっぷり!

それを思うと、まぁ、アンタもがんばんなさいよ、と優しく言ってあげたくもなります。

 

最後、なんと受けくんの元気な弟が、激変して登場してきました。

そうなるのかっ!!

と、驚きもありつつ、これから波乱を起こしてくれそうで楽しみです。

第2部が待ち遠しい!

 

そしてですね。

大切な『受け攻め逆だった問題』←勝手に問題にする

途中ずっと、もしや、こいつら逆になるんじゃ?という感じがしてたんですよ。

受けくんは、気持ち良くないとか言ってるし、攻めくんは『じゃあ逆になろう』みたいなこと言うし。

そうだそうだ! いいこと言った! と大いに賛同しながら、いつ逆になるかと楽しみにしながら読んでいました。

でもですね。

3巻の1番最後。

弟が激変して登場と書きましたね。

そうなのっ! 時間が経ってるのっ!

 

しかも5年!!

 

そんだけ経ってるのに、次で受け攻め逆転はないわな……

私の夢が破れた瞬間でした。

でもまぁ、徐々に気持ち良くなってきたっぽい感じだったので、次では色っぽく変化しているといいなぁ、と変態的願望を持つことにします。

 

このお話は、カップル2人だけで完結するんじゃないんですよね。

周りの人たちとの関係の中で、いろんな問題や悩みを抱えつつも、それでも一緒にいることを選んで成長していく。そんな2人の姿がとてもステキでした。