腐印 -fujirushi- 

今日もBL読んでます

あじあ祭り②<ROMEO;わたなべあじあ>

 

ROMEO  1 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

ROMEO 1 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

 

 

 

ROMEO 2 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

ROMEO 2 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

 

 これまたしばらく積んでおりました。

えらいレビューがたくさん付いていて、そんなに面白いの? と思いつつ、結局2巻が出てもしばらく積んでました。

だって……だって、ピアスさんなんだもの……

 

 

エロいだけでしょ?

 

エロだけてんこ盛りなんでしょ?

 

読み終わった後に、あれ、どんな話だったっけ? ってストーリーが完全に置いてけぼりくらってるやつでしょ?  ←失礼

 

エロは大事だがストーリーも大事なんだよっ!!(全身で叫んでいる)

 

と思ってたので、なかなか読む気になりませんで。

あじあ祭り開催してますからね、読んでみっか、という感じで読み始めたんです。

 

いやもう、すんませんでしたっ! ピアスさん舐めてましたっ! 

 

前の記事に書いた、『百いろどうぐばこ』もかなり凝った設定で、あれ? あじあさんってこう言うの描く人だったの? ショタ専門じゃなかったの? と思ったんですが。

 

それ以上に凝った設定で、もう、ぐいぐいと引き込まれました。

 

ファンタジーなんですけれど、そこで生きて暮らしている主人公たちの、ささやかな日常のコマなんかも挟まれているのが、とってもステキです。

 

いるよね! 絶対コイツら生きてるよね! 鳥だって当然しゃべるよねっ!!

と思うほどに生き生きしてる。

 

めちゃめちゃ綺麗な絵とデフォルメされたカワイイ絵と、バランスが絶妙なんです。

カワイイ絵だなぁと思ったら、超絶に色っぽい絵でエロいシーンがある。ステキ。

 

レビューとか読まずに、予備知識ゼロで読んだのがまた良かったと思います。

表紙を開けて最初のページに、登場人物や細かい設定が書いてあるので、ざっと読んでから本編に行くのがオススメ。

 

で、ですね。

こんなに面白くて好きになった作品ですからね、これ、買わなアカンだろ、と思うわけですよ。

 

ROMEO COLORS (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

ROMEO COLORS (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)

 

 2巻と同時発売だったけれど、いらんだろ、と思って買わずにいました。

 

いるだろうがっ! めっちゃいるだろっ!!

 

と、自分に圧力をかけ、今からポチりに行ってくるところです。

 

そうやって、欲しい→ポチる、の作業を自動的にやってしまうので、すべてを本代に費やすことになるのですが、やめられそうにはありません。

理性はどこ行った。

そろそろ帰ってきてくれないと、破産しちゃう。