腐印 -fujirushi- 

今日もBL読んでます

あじあ祭り①<百いろどうぐばこ;わたなべあじあ>

 

百いろどうぐばこ (スーパービーボーイコミックス)

百いろどうぐばこ (スーパービーボーイコミックス)

 

 

 

百いろどうぐばこ 弐 (スーパービーボーイコミックス)

百いろどうぐばこ 弐 (スーパービーボーイコミックス)

 

 

確か、『わたなべあじあ一気買い』をやった時に買っていて、そのまま積んであったものだと思うんですけれど、やっと読みました。

なんでこんな面白いのを積んでたんだよっ! という感じでしょうか。

 

あじあさんといえば、ショタなイメージが強いんですけれど、これはかなり作り込んだお話で設定が凝ってます。

 

こういうのも描くんだ……

 

ちょっと驚き。

 

人ならざる者たちの、抱えている闇、どうしようもない思いや覚悟などが、キレイな絵で表現されているので切ないんですよ。

 

結構シリアスなお話なんですけれど、それをあまり暗く感じなくて、救いがあるように思います。

 

それは、1つ1つのお話の最後に、その後のお話がデフォルメされたキャラで描かれているからでしょうか。

 

こいつらがもう、めっちゃかわいい。

家で飼いたいぐらいかわいい。←漏れ出る変態性

 

このデフォルメキャラのターンがあるので、『あぁ、良かったなぁ』という気分で一話一話読み終わることができます。

 

あと、シリアスな話の最中に笑えるコマをぶっこんでくるのがステキです。

そのおかげで、ズーンと重くなり過ぎずに読めるんじゃないかと。

 

これ、2巻まで出てるんですけれど、続きは出ないのでしょうか?

主人公2人のことが、最後までわからないんですけど!! ←涙目

なんとなくはわかるんですよ。

でも、もっと詳しく知りたいんだっっ!!←今日一番の本気

きっと、ツラくて切ない過去があって、今の関係になってるはずなのに!

そこがわからないなんて!! 

 

いやいやでも、2巻の発売が2014年の12月ですからね。

まだまだ続きが出る可能性はある!

 

BL界では、『ええっ⁉︎ 今頃続き出るのっ⁉︎』みたいなことが頻繁に起こりますから。

2014年なんて、まだ『最近出た』部類に入る。

じっくりと続きを待とうと思います。