読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いけれど必読です<コンプレックス;まんだ林檎>

BLマンガ

 

コンプレックス 3 Over 26 (ビーボーイコミックス)

コンプレックス 3 Over 26 (ビーボーイコミックス)

 

 えらいもん読んでしまいました・・・

すんごい古い作品で、1巻はなんと1996年!!

たった、4巻で完結なんだけれども、彼らの一生が見られるので、とんでもなく濃いです。

じじいになったところまで見れます。

 

最初、11歳ですからね、思いっきりショタですよ。

変態教師なんかも出てきて、かなり危険。

でも、この変態教師が出てくることによって、彼らの人生が大きく変わるのだから、めちゃんこ重要なんですよ! 変態教師が! ←しつこい

 

友達だけど好きでどんどんこじらせていく、でも、相手が受け入れてくれてハッピーエンド、というのは結構あると思います。

でもですね、このお話は、そこからが長い!!

大学生、社会人と、どんどん大人になっていくけれど、割と長いこと二人の良い関係は続くんです。

転機はいきなりやってくるんですねぇ。

そもそも、受けが女の人に嫌悪感を持ったのは、変態教師事件があったからなんですよ。

だから、最初から女嫌いだったわけではないのです。

あるきっかけで、そこに気づくんですよ。

あ、女性に対する嫌悪感が無くなってる、って。

そこは一生気付かんでいいからっ!! と腐の心をお持ちの方なら叫ぶところですけれども、気付いちゃったんだからしょうがない。

もうね、あれよあれよと言う間に攻めとの関係が壊れていく。

アンタ、なにしてくれとんじゃい、な展開。

攻めがかわいそうで、見てらんない!!

それでも、2人の人生は続いていくわけです。別々の場所で。

 

そして、また大きな転機が訪れます。

やっぱり2人は、離れてはいけない関係だったのでしょうねぇ。

もちろん、攻めを裏切ってしまった受けとしては、大きな葛藤があってモジモジしてますけれど、それを攻めが全部受け止めてくれます。かっこいい。

 

子どもたちの話に移りつつも、受けと攻めは常に描かれているので、2人がどんどん年を取っていく姿が見られます。

そして、最後の最後はもうね、泣けてたまらんかったです。

たった4巻で、2人とその家族の濃密な一生を見せてもらいました。

映画を見終わったあとのような余韻が残ります。

 

あ、2巻の終わりに短篇が収録されているんですけれども、それがなんと、変態教師が主役になっております。

とっくに教師はクビになってますが、そんなことでへこたれる男ではありません。

ますますチビッコへの愛を暴走させ、欲望に忠実に、たくましく生きておりました。