読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亭主関白の成長記録<薔薇色じゃない;凪良ゆう>

 

薔薇色じゃない

薔薇色じゃない

 

 BLというのは、割と短期間のお話が多いように思います。

出会った! 好きっ! 俺もっ! ガバッ!←そんな訳ない

まぁ、長い事親友やってて、ずっと好きだったんだぜぇ、でもそんなの言えないぜぇ、みたいなパターンも多いですけれども。

 

しかしですねぇ、このお話は、なんと15年モノです。長いっ!!

20歳から始まって、最後は37歳になってますからねぇ。

2人とも大学生のときは良かったんですけれど、仕事をしだすといろいろと変わってきますね。

しかも、片方は会社員に、片方はフードスタイリストを目指してはいるものの、なかなかそのチャンスに恵まれていないという厳しい状況。

でも、攻めにしてみれば、これは結構いい状況だったんじゃないかと。

この攻めさん、かなり古風な男で亭主関白というか、俺が守ってやっから!みたいな性格なのです。

俺が稼いでくるから、お前は家のことやって、電気のついた家で温かい味噌汁でも作って待っててくれ、という感じです。

それを期待して同棲に持ち込んだんじゃないかしらねぇ。

最初はね、それでもまぁ良かった。

受けくんも仕事がないからお金ないし、その変わり家事は担当するよ、とね。

でも、受けくんがやっとチャンスを掴んで忙しくなると、すれ違ってきますねぇ。

特に、攻めの理想とは違った関係になってくるので、イライライライラ。

そして、古典な男ですから〜そういうことをわざわざ言わない〜仕事の愚痴も言わない〜だけど〜そういうのわかってくれよ〜みたいな男です。

そんなもんわかるかっ!と言いたくなりますねぇ。

黙ってるのが美徳だと思うんなら、こっちに期待すんじゃないっ!←過激に激怒

ホントにねぇ、この攻めにはイライラさせられっぱなしでしたよ!

 

25歳で別れることになるんです。

そのきっかけになることがあるんだけれど、それも攻めはちゃんと説明しないの。

受けとしては、なんでいつものような喧嘩から別れにまで発展しちゃうのか、全然理解できません。めちゃんこかわいそう!!

そして、なんと別れて1年後には攻め、結婚しやがる!

なにしてんの!?

ねぇ、なにしてんの!? ←真顔で問い詰める

もちろんね、攻めもただのアホウではなくいろいろと考えた上なんですけれども。

でも、良かれと思って取った選択肢が全然良くなかった、と数年経ってわかります。

やっぱり、ただのアホウだった。ザマアミロ。

 

長い長い15年を、受け攻めの交互視点で進みます。

 

別れてから、それぞれ違う相手と付き合ったり結婚もしたり・・・

でも、やっぱりお前のことが忘れられなかったんだ・・・

 

それ、お前(攻め)は言うな、お前がフッたんだろうがっ!

という気持ちはありますけれど、最後、盛大に土下座して一緒にいてくれと懇願する、という場面があったので許してやらんこともない。←何様?