作家買いリスト入り! <クリアウェイ;いもはた>

 

クリアウェイ (MIKE+comics)

クリアウェイ (MIKE+comics)

 

 このレーベル、要注目だわ!!

結構な分厚さで、一冊まるまる同じカップルの話なので読み応えたっぷりなのですよ。

その上、シリアスな場面もあれば、笑える場面もあり、脇役もいいキャラ揃いで、エロもある。(ここ重要)

なんかもうてんこ盛りで、一冊読み終わる頃にはすごい満足感が味わえるという・・・

なんてステキなレーベルなんだ!!

 

受けくんが中東に旅で来て、言葉もわからなくて困っているところを攻めのカメラマンに助けてもらう、というところから始まります。

外国の雰囲気がステキだけど、やっぱり闇の部分というか、『外国の怖さ』みたいなところもあって、受けくんが大ピンチに。

そんなところを、またもや攻めに助けてもらいます。

この攻めさんがねぇ、落ち着いているけどお茶目なところがあってイイんですよ。

表情がくるくる変わる受けくんを、眺めて楽しんでいる感じがするのも微笑ましい。

受けくんを居候させる代わりに、カメラマンの仕事を手伝わせたりして、結構楽しそうです。

 

でも、急に日本に帰国しなくちゃいけなくなります。

受けくんも、本当はもう少し中東にいる予定だったけれど、一緒に日本に帰ってきました。

そこで、まぁ出るわ出るわ、キャラの濃い脇役たち!

攻めさんがゴリラと呼ぶ攻めの姉(プロレスラー)とか、受けくんの大学の仲間のオネエとか。

そして、受けくんが最初から漂わせていた陰の部分も明らかになってきます。

 

いやもう、ホントにこれがデビュー作なの!? という仕上がりです。

受けくんの、モロそうなのに芯が強くてエロに積極的なところ(ここ重要)とか、何かに夢中になっている姿のカッコ良さとか、ちゃんと自分から一歩を踏み出す勇気とか。

ホントにデビュー作なの!? ←しつこい

これは追っかけねばならん作家さんだ!

 

途中で挟まっている4コマ漫画がまた面白かった。

受けくんとオネエは幼稚園から一緒だったとか、急に日本に帰ることになった理由とか、ニンマリします。